激録★キャバクラ警察24時
激録★キャバクラ警察24時

ヒューマンウエポン罪源 あみか(ミスト ミナミ)

2021.10.01
ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ)

ミナミ界隈で「最強キャバ嬢」がいるというウワサを聞きつけ、治安を守るため覆面パトロールを行っていると、街中で怖いオーラを発散する男性グループに絡まれる事態に。男たちは腕っぷしに自信があるようで、猛犬のように威嚇してくる。
勢いに押され困っていると、背後から「その辺でやめといたら」という、女性の声が響いた。注意された男たちは攻撃の矛先を声の主に代えようとしたが、相手の気迫にひるみ、スゴスゴと退散していった。
助かった・・・・。というか、この人すごい。まるでワンダー○ーマンのような女性は一体何者? 顔を見ようとしたが、逆光で見えない。ただ、手脚がスラリと長く、長身であることは分かる。
「もしかしたらウワサの最強キャバ嬢かもしれない」
そう頭によぎった瞬間、キャバ警察としての使命感が呼び覚まされ、名も告げずに去る女性の後ろ姿を追った。

捜査開始

最強キャバ嬢の正体は
○○二段の猛者だった!

ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ)

謎の女性は背筋がスッと伸びたきれいな姿勢で、颯爽と夜のミナミを歩く。その姿はピューマのように力強く、美しい。
彼女が足を止めたのは、ミナミのニュークラブを代表する名店「ミスト ミナミ」。

ということは、彼女はキャバ嬢。最強キャバ嬢に違いない。
そこで、先ほどの救出のお礼を言う体で声をかけ、それをきっかけに客として彼女を指名し、捜査をすることにした。


ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ)

彼女の名前は、源あみかちゃん。店に入るまでは後ろ姿しか見えなかったが、お顔を拝見すると、クール系の本格派美人! そして172センチ、9頭身とスタイル抜群! はっきり言って、本官のどストライクである。

「さっきは助かったよ、ホントにありがとう」
「押忍!」
「えっ、オッスってどういうこと?」
「すいません、わたし、すぐに「押忍」って返事してしまうんです」

何と、あみかちゃんは極真空手二段の猛者であることが判明。選手時代は、近畿大会で優勝をしたこともあるホンモノ。道理でガラの悪い男たちにも臆せず注意できたわけだ。


さらに話を聞くと、あみかちゃんが極真を習いはじめたのは中学生の時で、動機はケンカに勝ちたかったからだという。当時はキックボクシングをしたかったらしいが、お母さんから「ケンカをするんやったら顔への攻撃はアカン」と言われ、顔への攻撃がなくフルコンタクトの極真を選んだという。

なかなかイカツいエピソードである。

しかし経験を積むうちに、極真は相手に勝つためのものではなく、自分に打ち勝つためのものだと分かり、ケンカすることはなかったという。それどころか今では子どもたちを指導しているそうだ。まさに強く・清く・美しい女性である。

といっても堅苦しい感じではなく、関西ノリの気さくな女の子。そして、目ヂカラのある眼差しで見つめられてからの笑顔は、秒殺レベルのウエポン(兵器)だ。


ふたりの気持ちを確かめるのに
飾った言葉はいらない

ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ)

ノリの良いあみかちゃんのおかげで話は盛り上がり、お酒もすすむ。あみかちゃんはお酒は弱いということだが、ゆっくり・じっくり飲むタイプで、「酔ったかも」と言ってからもマイペースで飲みつづける。キリッとした眼差しはキープしつつ、時おりアルコールで顔が火照っている様子が妙に色っぽい。

「結構飲んだみたいだけど大丈夫?」と本官。
「押忍(はい、大丈夫です)」
「じゃあ、もうちょっと付き合ってくれる?」
「押忍!(もちろん!)」
「酔ったあみかちゃんもカワイイね」
「押忍・・・・(そんな直球で言われるとは恥ずかしい・・・・)」


ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ)

あみがちゃんは酔いのせいで、「押忍」と返事する癖が全開。それでも言いたいニュアンスが伝わってくる。押忍のポテンシャル、恐るべし。
そんな天然なところもあるあみかちゃんだが、武道をしていて礼儀作法がしっかりしているので、話していてとても心地良い。多くの常連さんいて、プライベートだけでなく、大事なお客さんの接待で指名がかかるのも納得できる。

そんな調子で楽しい時間を過ごし、気がつけば、ふたりでコカレロ(アルコール度数25%)のボトルを空けていた。


調子にのった本官に
喝を入れるキック炸裂!

ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ)

コカレロの酔いで気が大きくなった本官は、あみかちゃんに蹴りをリクエスト。「軽く蹴っても痛いですから・・・・」と、無茶な要求をイヤミなくかわすあみかちゃん。

「痛いのがいいんじゃない」と、しつこく食い下がる本官。
「それじゃあ、ホントに軽く一回だけですよ」
「押忍!!」

あみかちゃんがドレス姿のまま構え、お尻を絶対に動かさないよう警告する。

よっしゃ、ばっち来い!!
そう気合いを入れた瞬間、今まで経験したことのない衝撃が全身を貫いた。間違いなくあみかちゃんは手加減してくれたのだが、長い脚がムチのようにしなり、本官の臀部をジャストミート。


ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ)

思わず、さっき飲んだコカレロを逆噴射しそうになる。予想をはるかに超える威力で、席に着いてもお尻はまだジンジンしている。

と、ここで良からぬ衝動がわき起こる。ずっと気になっていた、あみかちゃんの胸元に接近してみたい・・・・。この願望を実現させるのは今しかない。

「お尻痛くて座ってられへん!」
そう言うや否や、あみかちゃんの胸に顔をうずめようとしたところ、気配を察知した彼女は瞬時に席を立ち、攻撃モードの構えをとった。

ここでようやく正気を取り戻した本官。その様子を見て、温かく笑うあみかちゃん。そんなおおらかで気持ちの良い彼女と、この後も楽しい時間を堪能したのは言うまでもない。

ヒューマンウエポン罪 / 源 あみか(ミスト ミナミ) ノリ良し・ルックス良し・腕っぷし強しと、名実ともに「最強キャバ嬢」のあみかちゃん。まさにパーフェクトである。
ただし!容疑がかかっている「ヒューマンウエポン(人間兵器)罪」には100%合致している。よって普通なら有罪である。がしかし、あみかちゃんの場合「ヒューマンウエポン」の前に、“きれいな”がつく「ビューティフル・ヒューマンウエポン」なので、無罪とする!!

■指導
今回は、あみかちゃんへの指導ではなく、これから「ミスト ミナミ」を訪れるお客さんに向けて指導させていただきたい。
彼女と話せば、その人柄と容姿でメロメロになるのは間違いない。それ自体は問題ないが、本官のようにハメをはずすと、蹴りは飛ばずとも、極真仕込みの“気”の力で撃沈されることになるので、くれぐれもマナーをもって楽しむように。
最後にもう一度念を押しておきますが、本当に悩殺級の魅力ですのでご注意を!

※他サービスとの併用不可 ※換金不可 ※一組様一回一本限り有効 ※MISTミナミにて使用可能
ファンクラマガジン×MISTミナミ特別キャンペーン!ご来店時にこの記事の画面をご呈示いただくと、店舗指定ボトル進呈!!(15,000円相当)ご来店お待ちしております!